コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年8月21日

患者の体の状態によって植毛の定着率は変わるのか

薄毛改善法として植毛は非常に効果が高い方法とされていますが、せっかく手術を行うのであればしっかりと定着させて早く発毛させたいと考えるのは当然のことと思われます。しかし、場合によっては自分のもともとも体の状態や生活習慣によって定着率が変わったり発毛が遅くなる可能性も出てくることをご存知でしょうか。植毛は、ミノキシジルやプロペシアなどの投薬治療と違い全身に作用するわけではないので比較的体への負担は少ないとされています。しかし、患者がすでに持っているリスクによっては合併症や感染症を引き起こしたり定着率や発毛率を下げてしまうこともあるのです。

例えば、心臓や肝臓などに疾患を持っている人や糖尿病の人、肥満症の人など合併症の恐れがあるのですぐに植毛を受けられない恐れがあります。また、肥満症やヘビースモーカーの人もアルコール依存傾向が強い人、過度な摂取をする人も注意が必要と言えます。つまり、患者のリスク要因が多いとそれだけ定着率や発毛率も下がるだけでなく術後の感染症や出血量が多くなる、治療の遅延などが関係していることがあるのです。もちろん、もともと持っている持病を植毛のために急きょ治療することは難しいですが、肥満や喫煙、アルコールの摂取を控えるようにするなど少し工夫することでリスクを下げられるとすれば意識して生活を変えようとするのではないでしょうか。

せっかく植毛をするのであれば、しっかりと薄毛改善をしたいと思うのが当たり前ですので生着率や発毛率を上げるためにも日頃の日常生活を意識して過ごしてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です