コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年8月15日

植毛する際には医師やクリニックの設備や実績にも注目

男性にとって抜け毛や薄毛が一つの老化現象とも言われていますが、実はこれは大きな間違いで、20代や30代の若い世代の方でも頭皮環境や体質、または生活習慣などによって頭髪の量が急激に変化することがあります。そして早急に対策を講じていればこれらを改善できる可能性も高まりますが、しかしそのまま放置しておくと毛包そのものが徐々に縮小し、最終的には小さくなって消滅してしまいます。こうなるともはやどのような努力を講じても発毛することは不可能となります。しかしこのような薄毛が広がったとしてもまだ打つ手は残されています。

それが植毛施術です。薄毛治療専門クリニックの多くでは自毛植毛を提供しており、患者の頭皮に残されている健康的な自毛を丁寧に採取した上で、それらを薄毛部分に植え付けて定着させていきます。これらの施術には経験と実績が必要となりますので、クリニックや医師を選ぶ際にはできるだけホームページや口コミなどで信頼できるものをチェックした方が良いでしょう。この自毛植毛において最も難しいのが、植毛に適した頭髪とそうでないものの識別と言われています。

これらは実際に頭皮から掘り起こしてみないと判別できない場合が多く、その回数が増えるほど頭皮にメスを入れる回数も増えることになります。しかしながら最新式のロボット植毛ではこれらの判別を機器が自動的に解析して行ってくれるので最小限の負担にて身を委ねることが可能です。また頭皮にメスを入れる際にも最小限の切り込みにて簡単に行えますので、人の手を買いするよりも安心で安全という見方もできるでしょう。これらの施術を望む際にはこの専用ロボットの導入の有無を確認した上で選択することが求められるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です