コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年7月3日

自毛植毛におけるメリットとは

薄毛の悩みというのは昔からあるものですが、それを解消する手段というのも、たとえば発毛剤の投与、植毛手術などといった、さまざまな方法が試みられてきました。発毛剤の投与というのは、現在ではミノキシジルなどのたしかな成分が配合されていることもあり、手軽にできる方法として魅力的ではあります。しかし、発毛剤の投与をはじめてから半年程度は結果が出るまでに待たなければならず、しかも体質によってはかならずしも発毛に至るという保証がないというもどかしさもあるものです。いっぽう、植毛に関していえば、実は従来からある人工毛植毛のほかに、最近では自毛植毛といった手段なども登場してきています。

人工毛による植毛の場合、髪の毛のボリュームはどのようにでも調節可能である上、色、スタイルといった細かな指定もでき、なによりも手術が終われば薄毛状態がただちに解消されるというのが注目されるところです。しかし、身体にはもともと異物を排除するという免疫反応があることから、人工毛が異物として認識されてしまうと、せっかく植毛した部分が抜け落ちてしまうといったことにもなりかねませんでした。いっぽうの自毛植毛の場合には、自毛を細かい株として採取して、これを薄毛の部分に移植するというものですので、人工毛のように異物と認識されるおそれが少なく、頭皮への定着率が格段に良いという特徴があります。自毛植毛の結果として、もしも株が頭皮に定着すれば、もとから生えていた頭髪と同じように新陳代謝を繰り返して長く伸びるようになりますので、かなり自然な増毛が可能となります。

亀頭増大のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です