コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年6月18日

闘病中にもおしゃれが楽しめる医療かつら

最近はガンも早期発見、早期治療できることでかなり改善が得られるようになっていますが、治療にはそれなりの期間も必要ですし、ときには体への負担がかかる治療もあります。ガンの治療では現在は抗がん剤は欠かすことができませんが、このときの副作用としては、髪が抜けることがよく知られています。男性の場合は坊主頭でもあまり気にせず外出することもできますが、女性の場合は脱毛はかなりのダメージとなり、そのために、外出がままならなくなる、精神的にもダメージを負ってしまうこととなります。精神面のダメージは病気の回復にも影響が出ることがありますが、こういった場合も医療かつらをつければ、髪を取り戻すことができ、闘病中もおしゃれや外出が楽しめるようになります。

髪はずっと生えてこなくなるというわけではなく、抗がん剤治療が終わるとまた少しずつ回復していきますので、それまでの間は医療かつらも上手に活用していきましょう。医療かつらは最近はより低価格な商品も登場しており、より入手しやすくなっています。既製品の場合はすぐに利用することができますし、より自然になじむものを選びたい場合はオーダーメイドで作るのも良いでしょう。そして頭皮も治療中はいつもよりデリケートとなっていますので、できるだけ肌に優しいものを選ぶことも大事です。

長時間つけていることも考えて、通気性に優れているもの、暑さ対策がしっかり行われているものを選んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です