コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年6月15日

低価格から購入できるようになった医療かつら

かつらをつける目的は人それぞれ違いがあり、髪型を気軽に変えたい場合にも利用されていますし、薄毛をカバーする目的で使用さいている人もあります。そして、医療かつらと呼ばれるかつらもあります。これは抗がん剤の治療で一時的に髪が抜けてしまったり、脱毛症などで抜け毛が深刻になっているときなどに利用されるかつらです。医療かつらは以前はかなり高額なものもありましたが、今はより低価格でありながら品質の良いものも登場し、より気軽に利用できるようになりました。

フルウィッグタイプもあれば、帽子に髪の毛を少しつけたタイプなど様々な種類があり、既製品から購入したり、オーダーメイドでぴったりのものを作ることもできます。医療かつらは長時間つけていても、快適に利用できるよう、通気性が優れているもの、暑さやムレの少ないものを選びましょう。そして軽いほうが楽につけていることができますし、簡単に外れたり、ずれたりしない工夫がされているものを選びましょう。医療かつらはサイズがあっていることはとても大事ですが、髪があるときに作った場合は脱毛したときにゆるく感じるようになりますので、そのことも考えて作っておくことも大切です。

さらに脱毛後に作った場合は髪が回復したときには逆にきつくなりますので、治療の時期なども考えて最適なものを選びましょう。サイズ直しにも対応してもらえるとより安心ですので、アフターケアの良さも確認しておきたいところです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です