コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年6月3日

医療かつらに求められる条件

医療かつらとは一般のおしゃれ用かつらと異なり、病気や怪我などによって頭髪を失った人のために作られるかつらを指しています。特に抗がん剤治療などの場合、脱毛から発毛、回復という変化が起こり、頭囲のサイズが1~2㎝も変化します。このため医療かつらはサイズ調整のできることが必要で、ストレッチ素材が使用され、襟足部分にはアジャスターが付けられています。病気や怪我を治療中の患者にはストレスを与えないかつらが必要です。

このため医療かつらには軽く、肌に優しい素材が使われています。また、被って安定感があり、締め付け感がないことも重要で、地肌に触れる部分には熱や汗をためない、通気性の良い素材の利用が望まれます。また、付けている時、周囲にかつらと気付かれず、自然に見えることも大切です。医療かつらは髪の艶を自然に見せるためにタンパク質を配合した人口毛を主に使用し、髪の毛は1本1本が手植えで丁寧に作られています。

また、分け目を作る頭頂部には、自然の素肌に近い人工頭皮を使用しているので、分け目を変える事も出来、上から見ても不自然に見えません。購入者からは医療かつらの品質や付け心地、アスタイルや髪色などについて、納得できるまでじっくり試してから購入したい、と言う声が寄せられています。このため業者の中には店舗や特設会場、病院などで出張相談会を開いたり、宅配便を利用して自宅で試着が出来るサービスを行っている所もあります。この場合、往復にかかる送料は業者負担なので、気軽に試す事ができます。

亀頭増大のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です