コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年5月24日

自毛植毛で髪の悩みを解消

男性型脱毛症「AGA」で、薄毛に悩んでいる男性は少なくありません。AGAは男性ホルモンが要因となり起こる脱毛症で、何も対策を取らなければ、徐々に薄毛は進行してしまいます。最近は内服薬による治療も行われていますが、必ずしも治療の効果が100%出るという保証は無く、治療を受けても、なかなか薄毛が改善しないというケースもあるようです。このような場合、自毛植毛という手段で、薄毛の悩みを解消するのもお勧めです。

自毛植毛はこの名前の通り、自分の毛を移植する治療法となっています。今まで植毛では人工毛を使うケースが一般的でした。しかし、人工毛の場合は頭皮への定着率が悪かったり、アレルギー反応が起こりやすいとして、最近は自分の毛根を移植する治療を行うクリニックがほとんどです。自毛植毛では側頭部や後頭部から、毛根を取り出して薄毛が進行している部分に移植します。

AGAの場合、生え際や頭頂部といった部分に薄毛が見られます。これは、生え際や頭頂部にある毛根の毛乳頭が、男性ホルモン受容体を持っているからです。側頭部や後頭部の毛根は男性ホルモン受容体が無く、比較的男性ホルモンの作用を受け難い為、薄毛になりにくい点が特徴です。ですので、今現在、薄毛になっている部分に、側頭部・後頭部の毛根を移植しても、その後薄毛になりにくいと言えます。

自分の毛根ですので、アレルギーを起こす事もありません。自毛植毛は安全性の高い、薄毛治療なのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です