コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年5月9日

自毛植毛の効果について

最近は薄毛の治療を行う医療機関が増えてきてましたが、これは薄毛の進行を止めるための薬が登場したことが大きいと考えられます。しかし、このような治療では、薬を長期的に服用する必要があり、薬を止めてしまえば、薄毛が再び進行する可能性もあるので、いつまで治療を続けるのかといったことが、本人の意思に基づくものとなってしまいます。そこで、より根本的な薄毛の改善ができる方法として、自毛植毛という技術が登場しました。この自毛植毛の大きな魅力の一つとしては、効果が確実であるという点を挙げることができます。

自毛植毛の成功率は95パーセントといわれていますから、他の治療よりも成功率が高いということが言えます。一方、内服薬や塗り薬による薄毛治療の成功率は比較的高いですが、個人差があり、人によっては薄毛の進行が止まり、再び太い髪の毛が成長してくることがありますが、人によっては、薄毛の進行が止まるだけで、現状維持で終わってしまうことがあります。しかし、自毛植毛の場合は、自分の髪の毛を皮膚と一緒に移植することになるので、確実に髪の毛が太く、増えた印象になります。もちろん、個人差はなく、誰でも髪の毛を増やすことができるようになります。

また、移植するのは、自分の皮膚であり、髪の毛でもありますから、皮膚が抵抗するということがありません。移植した後は、一旦抜ける時期がありますが、その後は半永久的に生え変わるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です