コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年5月3日

自毛植毛の注意点について

最近は自毛植毛をする人が増えてきましたが、この植毛技術を行うことによって、人工の髪の毛のような拒絶反応がない状態で植毛を行うことができ、自然な仕上がりを期待することができます。また、メンテナンスが不要なので、一度の手術だけで簡単に薄毛を改善させることができるようになります。現在の統計として定着率は95パーセント程度といわれているので、失敗するリスクも少ないと考えられます。しかし、自毛植毛をする前に、いくつかの注意点がありますから、それらを理解した上で、手術を受けるとよいでしょう。

自毛植毛をする際の注意点としては、まず植毛する本数に限りがあるという点を挙げることができます。自毛植毛の場合、後頭部や側頭部に生えている健康な髪の毛を皮膚ごと移植することになり、移植した部部の髪の毛はなくなることになるので、限界があるということがいえます。ですから、植毛をする場合は、計画的に何本移植するかということを決めてから行う必要があります。次に、費用が高いという点が挙げられます。

自毛植毛は保険対象外なので、自費診療となり、かなりの本数を移植する場合は100万円以上することも考えられます。ですから、ある程度の費用がかかるということを知っておく必要があります。次に、傷跡が多少残ってしまうという点が挙げられます。頭皮を採取した部分には縫い合わせた跡がどうしても残ってしまいます。

髪の毛を短くしないのであれば、髪の毛が隠れて目だないですが、常に短髪にしている人は、傷跡が気になってしまうかもしれません。亀頭増大のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です