コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年4月12日

尖圭コンジローマができる理由と横浜で治療をする流れ

尖圭コンジローマは性器にイボができる病気で、ウイルスによって引き起こされます。男女どちらにも起こり得る症状で、それぞれ性器の違いによって細かな発生場所は異なりますが、基本的には同じです。性器や肛門、尿道の奥などに症状が出ます。さらに尖圭コンジローマのウイルスは人に移るものなので、性交渉などで直接触れる部分から伝染しやすいです。

そして性交渉時に性器を口に触れさせた場合、そこにも移ることがあります。尖圭コンジローマは基本的に命に関わるような大きな症状には発展しません。しかしイボを放っておくと範囲が広くなったりサイズが大きくなる恐れがあります。その上人に移してしまうリスクを伴うので、横浜でなるべく早めに治療をしておいた方が良いです。

横浜で受けることができる尖圭コンジローマの治療としては、できてしまったイボを取り除くことが中心となります。また他の病気のワクチンが、対策として使われることがあります。イボができる場所は人によって様々で、性器であれば泌尿器科ですが、肛門だと肛門科という風に、横浜でも場所によって治療を受ける先が違ってきます。そして治療を終えた後でも、ウイルスは体内に潜んでいることが多く、気を抜くと再発することが多いです。

そのため症状が治まった後でも、しっかりと対策を継続することが大切です。重要なのは人に移してしまわないことで、症状が出ている場所次第では避妊の道具でも触れるのを防げることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です