コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年4月9日

横浜でコンジローマ治療病院を探す

コンジローマは、性器や肛門のまわりにイボができる性感染症で、誰にでも感染・発症する可能性があります。性感染症の中では、性器クラミジアや淋病、性器ヘルペスに続いて感染・発症する人が多く、全国でたくさんの患者がいるといわれています。女性では大小陰唇や膣前庭、会陰や尿道口、肛門のまわりや肛門の中などの場所にイボができ、膣や子宮頸部などの性器の内側にも発生する場合があります。イボは白・ピンク・褐色または黒色などがあり、大きさは直径1ミリから3ミリ程度から時には数センチ大まで様々です。

形も乳頭状のものや、にわとりのトサカやカリフラワーのような状態になることもあります。コンジローマの患者は10代後半から30代くらいの若い世代が中心で、男性は25歳から29歳にピークが来るのに対して、女性は20歳から24歳がピークを迎えます。女性の方が年齢層が少し低い傾向があり、性交の経験がある人なら感染・発症する可能性があります。横浜ではコンジローマの治療が行える病院はたくさんあり、女性は婦人科、男性であれば泌尿器科や皮膚科がおすすめです。

横浜駅から徒歩圏内にも治療できる病院はいくつかあるので、アクセスがしやすく通院の時間が取りにくい人でも仕事帰りなどに立ち寄りやすいです。また、あまり人に知られずに治療を行いたいという人にとっても、病院がたくさんある横浜では、自宅から少し離れた場所にあるところを選ぶと知り合いに会いにくく安心して治療が行えます。インターネットなどで検索するなどして、自分に合った病院を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です