コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年3月24日

わきが治療のあれこれ

わきがは男性であっても女性であっても深刻な悩みと捉えられがちです。ただ、わきがは周囲の人には相談しにくい事もあり、わきが治療に対してもどんなことをするのか分からないという人も多いです。わきが治療は、その症状によって内容が異なります。わきがは軽度、中度、重度と段階分けされていると考えられ、軽度のものであれば塗り薬や飲み薬でも治療することが可能です。

わきがは多汗症とも深く関連づけられていることが多く、そのため汗の発生を抑えることに重点を置くこともあります。また、汗が出るということは精神的な面にも関わりがあるため、気持ちを落ち着かせたり、和らげるための薬を処方してもらうのも良いとされます。ほかにも、中度のわきがの場合は、ボトックス注射や電気凝固法と呼ばれる方法で治療することが出来ます。この電気凝固法は、わきがと脱毛が同時に出来るので、気になる人にとっては便利な手段だとされます。

ある程度症状が重い場合には、手術をすることがおすすめとされています。これは箭除法と呼ばれ、わきの下にあるアポクリン腺を取り除く手術となります。入院などは必要ありませんが、術後にはきちんとした処置が必要です。ほかにも、皮下組織吸引法や超音波治療法などもあります。

詳しい施術内容などは医師などの説明をきちんと受けるようにしましょう。わきが治療をする際には、自分ではどうにもならないこともあるので、出来るだけ医師に診てもらい、適切な処置を行なうことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です