コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年3月12日

わきが治療にはどのようなものがあるのか

わきがが気になる女性が多いようです。特に若い女性です。夏は半袖のため、余計にわきがが気になります。異性には不機嫌な思いをさせたくないです。

そこでわきが治療をやっているクリニックがあります。皮膚科や美容外科です。わきが治療は病気にはないため、保険が適用されませんので、全額自己負担になります。治療法としては、わきがが発生する患部にレーザー光線を当てます。

波長の短いものですので、わきがのもとになる腺をレーザーで処理します。多少の痛みを伴うため、局所麻酔をしますので、処置中は痛みをまったく感じません。処置は5~10分で終わり、入院する必要もないのです。麻酔が切れてくると、多少の痛みがありますので、鎮痛剤と抗生物質薬をくださいますので、しっかり指示どおり服用しましょう。

患部を確認するため、処置後は1~2回通院する必要があります。この方法だと、ほぼ100%治ります。レーザー光線のおかげで、簡単に処置ができるようになりましたが、レーザー光線の前までは、外科手術で患部を切り取っていましたので、入院したりと患者さんにとっては精神的にも経済的にも大変だったのです。臭いに対して敏感になっている現在、わきが治療は需要があります。

汗をどんなにたくさんかいても体臭にはそれほど心配しなくtrもわきがには誰だって気になるものなのです。良いに匂いを放つことがエチケットマナーなのかもしれません。時代は絶えず変わっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です