コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年3月9日

様々な種類のわきが治療

わきがというと気になる臭いなので、悩みがあっても誰にも相談できない人もいるのではないでしょうか。程度にもよりますが、最近では色々な対応ができるようになりました。まず軽度の人は塗り薬や飲み薬でもわきが治療が出来ます。例えば塩化アルミニウム液を使います。

これは痒みを生じることがあるので、痒みを感じたら、ティッシュやコットンに染み込ませてわきなど気になる部分に夜寝る前に塗って、翌朝洗い流します。他にも軽度の人なら飲み薬を処方してもらうこともできます。中度の脇が治療なら、ボトックス注射をして汗の量を減らします。しかしこちらは汗の量を減らすだけなので、わきが治療というよりも多汗症に対応した治療法と言う方が良いかもしれません。

またレーザー脱毛をすること毛がなくなればで、わきで細菌の繁殖が少なくなり臭いが軽減される可能性はあります。ここまでは軽度から中度ですが、重度のわきが治療となればやはり手術が必要になります。そのためまずは自分がどの程度のわきがなのか、自分はどこまでのわきが治療を行いたいのかをしっかりとカウンセリングする必要があります。しかし行くことすら恥ずかしくて行きにくい人も中にはいるでしょう。

そんな人には、わきがクリームもあります。わきが治療とではなく、制汗作用を期待し利用するのですが、制汗スプレーとは異なり直接肌に塗るので殺菌の効果をより発揮しやすい特徴があります。治療をしに病院へ行くのか、若い人なら病院に行くのも気になるので違う方法を試すのかは個人で判断すべきですが、臭いという悩みから解放されれば、もっと楽しい生活が待っているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です