コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年3月3日

わきが治療の保存療法について

わきが治療は、保存療法と、手術法による治療があります。保存法によるわきが治療は、わき毛の処理や、アルコール消毒、制汗剤の使用、ボトックス注射による治療、塗り薬による治療、飲み薬による治療などがあります。わき毛の処理によるわきが治療は、わきに汗などの分泌物がたまることを防ぐことができます。汗などがたまることを防ぐことで、わきに細菌がたまることを防ぐことができ、わきがの臭いの原因を抑える効果があります。

アルコール消毒は、市販の消毒用のエタノールやイソプロパノールなどをわきに塗布することで、臭いの原因になる細菌を殺菌することができます。わき毛の処理と一緒に行うことで効果が上がり、臭いを抑えることができます。制汗剤の使用による治療は、皮膚常在細菌を少なくすることができ、臭いのもとを少なくすることができます。ボトックス注射による治療は、A型ボツリヌス毒素製剤をわきに注射することで、汗の分泌の促進をする「アセチルコリン」という神経伝達物質を抑制させることができ、臭いのもとを取り除くことが可能です。

ボトックス注射の効果は、1回の注射で4カ月から6ヶ月あります。塗り薬による治療には、塩化アルミニウム液による治療があり、病院などで処方してもらうことが可能です。市販の薬もあり、「オドレミン」という名前で販売されています。飲み薬による治療は、臭化プロバンテリン(プロバンサイン)を服用する治療であり、汗の分泌を抑えることができます。

品川で包茎手術のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です