コンジローマの治療ができる横浜のクリニック
2021年2月28日

「植毛」と「増毛」はどちらが良いか

育毛、植毛、増毛…薄毛対策の方法は様々ありますが、自分に一番あった方法はどれでしょうか。メリットやデメリットなども含めてご紹介します。まず、育毛は育毛剤やスカルプケア(頭皮の保護)を使用することで、自宅でも気軽に始めることが出来る薄毛対策です。頭皮の分泌物を落とし、血行を促進する目的を主としていますので、急速な髪の毛の増加は見込めませんが、長期的なケア及び予防という面では、非常に大切です。

一方で、植毛や増毛は、自分で行なうことは困難ですので、専門のカウンセリングを受ける必要があります。頭皮の状態や生活習慣、増やしたい髪の量など、様々な情況を考慮しながら、医療関係者の指導の下で、最新技術などを用いて行なっていきます。従って、費用はある程度かかってしまうでしょう。植毛は、文字通り、頭皮に髪の毛を埋め込む施術です。

中でも「自毛植毛」は、自分の後頭部などの毛髪を頭皮ごと切り取り、細かく株分けしてから、髪が薄くなっている部分に移植することで増やしていきます。移植した部分がきちんと定着すれば、普通の髪の毛のように伸び、生えたり抜け落ちたりのサイクルを繰り返します。生え揃うまでは、数ヶ月の時間がかかりますが、自分の髪の毛の一部であることを実感できるというメリットがあります。一方で、増毛は、メスを使った手術を必要とせず、人口毛を今ある髪の毛に縛りつけ、見た目の本数を増やしていくものです。

髪の毛が伸びると、縛り直さなければならない為、1ヶ月に1回は施術が必要になってきます。このように、薄毛対策には、様々な方法がありますが、適さない場合もありますので、自分の頭皮の状態を良く見極めることが大切です。亀頭増大のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です