スキー旅行で気をつけること

何度もスキー旅行に出かけている人なら、気をつけるべきことはある程度頭に入っているでしょう。

ところがスキー旅行初心者は、知らないうちに周りに迷惑をかけていることがあるのです。そこでこれからスキー旅行に出かけるなら、必要最低限知っておいた方が良いことだけでも、頭に入れておきたいです。まず初心者がやってしまいがちなのが、その場に座り込んでしまうということです。上手く滑れなくて転んでしまうのは仕方がありません。しかしいつまでもそこに座り込んでいると、上からどんどん他の人が滑ってきます。

すると最悪の場合は、激突されてしまうことがあります。これは互いにとってとても危険なので、素早く隅の方へと逃げるようにしましょう。小さなお子さんの場合は、親御さんが抱えて脇に避けても構いません。それからブーツで雪の上を歩くのなら、できるだけ端の方に行くのがマナーです。スキー板やスノーボードを履いたまま移動するのならそれほど気にする必要はないです。

それに対してブーツのまま歩くと、そこに雪面に穴が開いてしまいます。真っ白な雪の上というのは、穴を発見しにくいです。しかも猛スピードで滑り降りている場合は、穴を発見するのはほぼ不可能なのです。その状態でスキー板の先が穴に入り、転倒することがあり危険です。そんな事態を防ぐためにも、真ん中を歩かないようにすると良いです。他にも気が緩んでしまい、ゴミをゲレンデに捨ててしまう、お酒を飲み過ぎた状態で滑るなどの行為をしがちなので注意しておきたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *